ライブは勝負!?

なんか、急に涼しくなりましたね。
って、それって前も言ったか(笑)
高校生3年の時、この時期に文化祭がありました。
後夜祭が終わって、朝まで公園で語り合って
気がつくと寒くなって
夏の終わりを感じたと同時に、高校生活もあと僅かだなぁと感じて
一人、センチになっていたことを思い出します。
あの純粋さは一体どこへ行ってしまったのだろう?(笑)

 

さらに昔話です。(笑)
僕がまだ現役でバンドをしていた頃の話です。

仙台のライブハウスで複数バンドのオムニバス形式のイベントがありました。

僕らのバンドはトリで楽屋でスタンバイをしていました。

僕らの出番の前に、東京からのツアーバンドが2バンド入っておりました。

その2バンドの対比が面白かったので、ここで紹介させていただきます。

 

最初のバンドは演奏が終わって楽屋に戻ってきて

「今日の客はノリ悪いなぁ〜!やっててつまらなかった!!」
と、ライブがイマイチだったようで、ご機嫌斜めでした。

そして、僕らのとこに来て

「仙台のお客さんってこうなんですか?やりにくかったですよ!!」

と、なんか仙台否定までされちゃいました(笑)
※注意 確かに、東京から仙台に来て感じたのは仙台のお客様はシャイです。でも、ノリはいいほうだと思いますよ。
IMG_3032
次のバンドはステージ袖で準備をしながら見ました。

いい演奏だったのですが、お客様はそこまでノルことなくライブは終了してしまいました。

そして、ステージから降りて一言

「今日は俺らの負けだ!畜生!!」

と言ってました。

イベント終了後、その意味を聞いたら

「俺らには、自分たちを初めて観るお客様をのせることができなかった。それは、自分たちの力不足だ」

って、非常に謙虚な意見が出てきました。

バージョン 2

とても、面白い意見だったので、そのあと打ち上げもご一緒して
さらにその話を掘り下げて聞いてみました。

そのバンドは、大きな都市を、頻繁ではないもののツアーに行くバンドでした。
だから、地方のファンなどはあまり居らず

基本的に見てくれるお客様は、初見の人が多いそうです。

その中でも、会場全体が熱くなるライブもあれば、シーンと静まり返るライブもあるそうです。

最悪、お客様がドアを開けて出て行ってしまうこともあるそうです。

その結果を受けて

お客様をのらせることができた=バンドの勝ち

お客様の反応がイマイチ=バンドの負け

としているそうです。

そして、打ち上げでは酔っ払う前に、その原因をバンドのメンバーで一生懸命考えるそうです。

その姿勢に非常に感銘を受けたのを覚えています。

 

まぁ、男が集まって小一時間もすれば、エロ話に花を咲かせるわけですが(笑)
 

寺島 昇(てらじまのぼる)
ライブハウス仙台HooK勤務。東京生まれで、青森経由で港町塩竃在住。ラーメンとAC/DCをこよなく愛しております。暇さえあれば、釣りをしているか、山を登ってるか、寺社仏閣仏像巡りをしています。

仙台HooK WEB http://www.espguitars.co.jp/hook/

仙台HooK FACEBOOK https://www.facebook.com/sendaihook
寺島昇FACEBOOK https://www.facebook.com/noboru.terajima

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ピックアップ記事

  1. こんにちはリペアマンのかわいまんです。 ギブソン 2015年製レスポールのペグ…
  2. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Peavey Classic50 4…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…
  5. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 History プレシジョンベースの…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP