ネット上でライブレポートを探してみよう

国内・国外問わず、さまざまなアーティストやバンドが一年中どこかしらの会場でライブを行っています。

 

ライブハウスのこともあれば大掛かりなホールやフェス、はたまたインストアライブやカフェでのファンクラブ限定のものまで大小規模はさまざまです。

 

しかし、いくらファンのバンドとはいえ、都合良く全ての公演に参加できるとは限りません。

日程的な問題や、あるいは金銭的な問題、地域や場所的な問題など多種多様な要因が阻みます。

また、情報に溢れる社会の中でバンドの動向を把握していなかった時に限って見たいイベントを行っていたりするもの。

 

こういった時に補えるものとして、SNSがあります。

 

特に本国アメリカで話題になっていた、日本でのTwitterの人気。

140文字という縛りが気楽さを伴うのか、実名での利用がつきまとうFacebookと違い、気軽に交流・発言できるTwitterの普及度は世界でもトップを走ります。

 

今回のレポートの主役は、そうツイッターです。

 

カフェに行ったり、何か面白いものに出会ったり、何かを購入したり、ことあるごとにツイートされる現代では、アーティスト・バンドのライブレポートに関しても例外ではありません。

セットリストはもちろんのこと、アーティストの生のようすや感想、何より公的なコメントやスタッフによるビジネスライクなものではなくよりダイレクトなファン視点の感想がチェックできるのです。

 

写真やライブ音源は公式サイトやオフィシャルからのリリースに任せれば良いでしょう。

生の声であるレポートをいち早くチェックするには、やはりTwitterによるものが把握しやすいです。

また、ハッシュタグで検索することにより、自分もライブに参加したという疑似体験が味わえるという点も魅力のひとつです。

ファン同士の交流はもちろん、アーティストがオープンな場合は運が良ければ本人と交流できることも。

 

携帯電話もしくはPCなどインターネットが利用できる環境にあれば気軽に利用することができるので、ぜひ活用しましょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
253.jp

253.jp253.jp運営チーム

投稿者の過去記事

253.jp運営チームです。
みんな音楽が好きで、自分で曲を作ったり、演奏したり、ライブを見に行ったりしています!
よろしくお願いいたします。

ライブやイベント告知はこちらからご依頼ください。掲載は無料です。
253.jpでは投稿者を募集しています!音楽系ライターに応募したい方はこちらを御覧ください。

ピックアップ記事

  1. こんにちはリペアマンのかわいまんです。 ギブソン 2015年製レスポールのペグ…
  2. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Peavey Classic50 4…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…
  5. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 History プレシジョンベースの…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP