ヒュース&ケトナー TriAmp 修理

ヒュース&ケトナーTriAmpの修理をやりました!

やっぱカッコイイーな〜このアンプ、憧れたな〜♪( ´θ`)ノ

しかしこのパネルとネオン管があるタメ、アンプを分解するのがとてもメンドーヽ(´o`;
パネルをキズ付けないように注意深く引き抜きます。。。

image

時々ノイズが出るという事なので、アンプを動作させながら、ノイズの出る箇所を探していきます。

原因はパワー管でした。真空管の消耗により、ガサガサというノイズが発生してました。パワー管を手で叩くとバリバリノイズがはいります〜ヽ(´o`;

内部電圧を一通りチェックしてから、新しい真空管を組み込みます。音を出しながらbias調整して、スイートポイントに落とし込んでいきます。

image

あとは信号を入れて半日ランニングテスト。

ノイズも無くなり、新しいパワー管でアンプも元気になりました!

================

 真空管ギターアンプ修理&メンテ

 パチャカマ・ギター 八王子

  http://pachacamac-guitars.com/

================

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ピックアップ記事

  1. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  2. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 History プレシジョンベースの…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 82年製Gibson FVのメンテナ…
  5. こんにちは。 リペアマンのかわいまんです(^&o…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP