待望の初来日、Bon Iverのライブに行ってきました。

こんにちは~今回はビーサウンドスタッフHが書かせていただきます。

Bon Iver 待ちに待った初来日 !!
2月29日(月)の4年に1度の貴重な1日に、私は行ってきましたよ~

boniver_02

さて、Bon Iver(ボン・イヴェール) ですが…
アメリカ出身のロックバンドで、インディー・ロックやフォーク・ロックのジャンルに入ります。
音楽好きに愛されるミュージシャンです。
ジャスティン・バーノンを中心に2006年に結成されました。
2012年にはグラミー賞の最優秀新人賞、アルバム『Bon Iver, Bon Iver』がベスト・オルタナティブ・アルバムを受賞しています。

新木場studio coastの2階の指定席。初めての2階席、ドドドド真ん中。
スタンディングのお客様がひしめき合うの見え、人気の高さをうかがわせます。

スタートはアルバム『Bon Iver, Bon Iver』1,2番から、Perth、Minnesota,WIの流れ。
普段聴く流れで入ることで、自然にBon Iverを聴く気持ちに入っていけた感じがします。

Bon Iver、何とも言えない透き通った声、柔らかい音です。
すっと眠りについてしまいそうになります。
優しい音の空気に、洗濯機を回す音、外からする誰かの話声と同じくらい自然にぐっと引きこまれます。それでいて、大自然に囲まれているような心地よさ。
ふわっとした気持ちのまま、気づいたら終わってしまいました。
ライブの中で不自然な部分が全然ない、圧倒的な音とパフォーマンスを見せられた感じがします。

ラストのミラーボールを使ったライティングもキレイでした。

boniver_03

私が好きになったのは、一昨年の冬です。グラミー賞でもなくライブ映像でもなく、ラジオで聞いた「Michicant」という曲がきっかけでした。
クリスマス前に聴きたい曲という名目で、流れていたのは、休日だったと思います。
ラジオを聞いている時って、意識することってとても少ないと思います。しかし、Bon Iverの「Michicant」が流れたその瞬間、周りの空気が一気に変わったような気がしました。
出会った瞬間をはっきりと覚えているのが不思議ですよね。

私とBon Iverのようにはっきりと意識することは少ないですが、音楽と出会うタイミングってとても重要だと思っています。
「今」好きな音楽と「ずっと」好きな音楽が違ったりするからです。
また、「今」好きな音楽のゆらぎが人の感情で、それが「ずっと」好きに変化していくと、核となる思考部分に変化していくのだと思います。
Bon Iverの深みのある音楽を聴いて、色々と考えてしまいました。

春が待ち遠しい冬、しっとりと音楽を聴いて、考えるのも意外と楽しいですね。
ビーサウンドスタッフHでした。
ありがとうございました。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ピックアップ記事

  1. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  2. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 History プレシジョンベースの…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 82年製Gibson FVのメンテナ…
  5. こんにちは。 リペアマンのかわいまんです(^&o…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP