メサブギー STILLETTO 150W修理

こんにちは、リペアマンのかわいまんです。

メサブギー STILETTO 150Wの修理を行いました。

このアンプはメサブギーとしては珍しく出力管にEL34を使用、しかも6本も使用しています(^。^)

購入時から1年に1度のペースで真空管が赤熱し、ヒューズが飛んでしまうとの事。メーカー修理で真空管全交換、メンテナンスをして帰ってきてもまた1年後に飛ぶ。。。この繰り返しに嫌気がさし、原因調査と修理を依頼されました。

動作が不安定との事なので、真空管を全部抜いて、各部の電圧をチェックしていきます。

ある箇所のスクリーングリッドの電圧が高い?!
パワーアンプ基板をよく見るとスクリーングリッドの電圧を下げるためにツェナーダイオードが直列に2つ入ってます。
このダイオードが一箇所ショートしてました。

image

ココを修正しスクリーングリッド電圧は正常に。
さらに10年以上経過してるアンプなので、このタイミングで電解コンデンサーをドイツ F&T製へ交換。

image

さらに整流管が2本消耗していたのでエレハモ5U4GBへ交換。

image

本来であればパワー管全交換ですが、お手持ちのパワー管から特性の近いものを選びセット、8時間程度のランニングテスト後、動作も安定していて修理完了となりました。

それにしてもメサブギー純正管はレッド、ブルー、グレーなど色分けされてますが、同じ色の中でも結構バラツキがあるんですね〜( ̄▽ ̄)

ちなみにレッドとブルーでは2倍さ近くプレート電流差がヽ(´o`;

オーナー様はこのアンプにとても愛着があり、大変喜んで頂けました(^∇^)

================

 真空管ギターアンプ修理&メンテ

 パチャカマ・ギター 八王子

  http://pachacamac-guitars.com/

================

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ピックアップ記事

  1. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  2. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 History プレシジョンベースの…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 82年製Gibson FVのメンテナ…
  5. こんにちは。 リペアマンのかわいまんです(^&o…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP