BLACK STER 修理&モディファイ

こんにちは、リペアマンのかわいまんです。

今週はBLACK STAR S1-100の修理及びモディファイを行いました。

スタジオ使用中に突然音が出なくなってしまったとの事。。。

真空管テスタで一本づつチェックすると、パワー管が一本飛んでしまってました。

コレをTAD EL34B 4本マッチドに交換です。

このアンプ、電源オンと同時に、パワー管のプレート、スクリーングリッドに500V近い高圧がかかります。(マーシャルなどのアンプはスタンバイオンのタイミングで高圧がかかる)

バイアスは-90V。
スタンバイオンのタイミングで適正バイアスがかかる仕様のようです。

このままだと新品のパワー管にかなり負担がかかりそうなので、他のアンプ同様にスタンバイオンのタイミングでプレート、スクリーングリッドに高圧が掛かるように変更しました。

バイアス調整して、ルーパーで6時間の音出しランニングテスト。出音もいい感じです!!

================

真空管ギターアンプ修理&メンテ

パチャカマ・ギター 八王子

 http://pachacamac-guitars.com/

================

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ピックアップ記事

  1. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Koch Supernova 606…
  2. こんにちはリペアマンのかわいまんです。 ギブソン 2015年製レスポールのペグ…
  3. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Peavey Classic50 4…
  4. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 Marshall 1987X リイシ…
  5. こんにちは、リペアマンのかわいまんです。 イタリア製ギターアンプ Brunet…

投稿者一覧

ロック人生一直線
セウ 阿部(ベース)
寺島 昇
菅谷 豊
うしろから前川
PAGE TOP